登録猫グッズ数 538件 口コミ数 1123

猫砂はAmazonが安い♪

猫の目やにによる病気の見分け方。症状別対策と予防法

飼っている猫に目やにが出ていたりすることはありませんか。
猫も人間と同じように、朝起きた時に目やにが出ることがあります。ただし毎日出ていたりするとちょっと気になりますよね。
毎日出ていても問題ない目やにもありますが、中には病気が原因のものもあります。
ここでは、目やにの症状や原因、予防と対策について解説していきます。

スポンサーリンク

目やにから症状を判断する方法

目やにが出ている場合、その状態を見ることで目やにが病気によるものなのかどうかを判断することができます。

問題がない目やに

・黒っぽい、もしくは茶色っぽい
・乾いている

このような目やには基本的に老廃物が集まったもので、通常の代謝活動で老廃物が排出されている証拠ですので問題ないようです。

問題のある目やに

・白っぽい
・片目だけに目やにが多い
・目やにの他にくしゃみや鼻水が多い
・目を痛がっている

このような場合は、もしかしたら感染症もしくはアレルギーを起こしているかもしれません。
症状によっては動物病院で診察してもらうことをお勧めします。

けがの場合にも目ヤニが出る

病気などではなく、他の猫との喧嘩などで目に怪我をした場合にも目やにが出る事があります。

この場合、目やにだけでなく流れるような涙が出ることがあります。一度に両目を怪我するということは考えにくいので、片目だけ症状があらわれている場合は目に傷がついている可能性があります。

片目を開けづらそうにしていたり、涙がとまらないようであれば、傷が角膜にまで及んでいる可能性もありますので、このような場合も早めに動物病院で診てもらったほうがよいでしょう。

目やにが出る時に考えられる病気

結膜炎

結膜炎になると目が赤く腫れ、充血して目やにがたくさん出るため目が開けにくなります。涙も流れでてくるため目の周りが常に濡れた状態になります。原因はウイルスや細菌による感染です。
ただし、感染以外にも目にゴミなどが入って傷がついたことで発症することもあります。

治療法ですが、炎症を抑える為の点眼薬や軟膏を投与します。もし猫が目をかゆがっている場合はエリザベスカラーを付けてあげるとよいでしょう。
ただし、結膜炎の原因によってそれぞれ治療法は異なります。

白内障

涙が出る時に考えられる病気の一つに白内障があげられます。
眼球内にある水晶体と呼ばれるレンズが、何らかの原因で白く濁ってしまう病気です。

水晶体は正常な時は透明ですが、白内障にかかり白濁してしまうと視界が悪くなり視力が落ちてしまいます。

 

原因は猫同士のケンカやトゲが目にささったなどの怪我によることが多いですが、気づくことが難しく、気づいたときはかなり進行していることが多いのがこの病気の特徴です。

涙や目やにの量が増えたり、食欲が落ちたりします。

 

白内障の治療法は、病気の進み具合によって異なります。

初期段階では、進行を遅らせたり症状を軽減するための点眼薬や内服薬を処方する内科的治療が中心となります。ただし、結局内科的治療では進行を遅らせることはできても完治はできないため、重症の場合は人間と同じように手術が必要になります。

白内障の手術は一般的に、角膜を切開して白濁した水晶体を取り除く方法と、超音波で水晶体の内容物を細かく砕いて吸引した後に眼内レンズを挿入する方法があります。

白内障の手術は難しいと言われており、また全身麻酔をすることで猫の体にも負担がかかることが考えられますので、かかりつけの動物病院とよく相談したほうがよいでしょう。

 

猫風邪

一般的に「猫風邪」と呼ばれているのは一つの病気ではなく、さまざまな細菌やウイルスが原因となっておこる風邪の症状の事です。猫風邪の原因になるウィルスは、ペルペスウイルスやカリシウイルス、猫クラミジアなどで、生後2、3ヶ月の子猫によく見られます。

もし、目やにが白や緑、黄色の場合、この猫風邪にかかっている可能性があります。たいていは両目から目やにが出ますが、ペルペスウイルスに感染している場合は片目だけに症状が出ることもあります。

猫風邪にかかると、目やにだけではなく、人間と同じようにくしゃみや鼻水、発熱や咳などの症状も出てきますので、このような症状が出たら猫風邪と考えてよいでしょう。

治療法も、ウイルスの種類によって異なります。
ヘルペスウイルスは「抗ウイルス薬、インターフェロン」、カリシウイルスは「インターフェロン注射」、クラミジアは「抗生物質」と、それぞれの病気にあった薬での治療となります。

子猫や老猫の場合は免疫力が低いため、重症化しやすいので自然治癒することは考えず、まずは動物病院での受診をおすすめします。

アレルギー

ハウスダストや、特定の食べ物が原因でアレルギー症状が出ることがあります。

アレルギーの時に出る目やには、さらさらしていて水っぽく、無色か赤茶色で、両目から出ているのが特徴です。

実際にアレルギーかどうかの判断ですが、動物病院で診察してもらい、アレルギーの可能性があると言われた場合アレルギーを起こす原因を特定することが先決です。

これまで与えていたフードに含まれているアレルゲン物質が原因の可能性があるということで、その原因物質を取り除いたら改善したということもよくあるようです。

 

このように特定の食物に反応するアレルギーもありますが、着色料・香料・酸化防止剤などもアレルギーを起こす原因と言われていますので、そういった添加物を一切使っていない「ナチュラルフード」とよばれる低刺激なキャットフードもあります。

このようなフードに変えることでアレルギーが起こりにくくなるとも言われています。

スポンサーリンク

 

目やにの予防方法

定期的な体のお手入れ

猫の体をいつも清潔にしておくことで悪い菌などの繁殖を防ぐことができますので、面倒でもしっかりお手入れしてあげましょう。
こまめに体のケアをすることで、外傷や病気の早期発見にもつながります。

・目、鼻、耳は週1から2週に1回は掃除する
・ブラッシング 短毛種:1週間に2~3回 長毛種:毎日
・爪は週に1回程度カットし、伸びすぎないようにすること

定期的な予防接種

猫クラミジア感染症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症は猫の予防接種のワクチンで予防することができます。

犬の狂犬病予防注射のように義務付けされていませんが、猫のかかりやすい感染症は基本的に予防接種で回避することができますので、1年に1回は必ず受けるようにしましょう。

義務化されてはいないので、受けるか受けないかは飼い主の判断によります。たとえ完全室内飼いだとしても、飼い主が外出する以上はウイルスなどを家に持ち込んでしまう可能性はありますので、よほどの理由がない限りは受けさせた方が良さそうです。

予防接種には、3種混合、4種混合、5種混合、7種混合などの種類があります

 

室内飼育の場合は「3種混合」がおすすめ

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症の3つの病気は感染力が強く、いずれも空気感染の可能性がありますので、室内飼育の場合でもワクチンを接種することをおすすめします。

 

・外出する猫には「4種混合」「5種混合」「7種混合」がおすすめ

 

3種混合ワクチンに猫白血病ウイルス感染症を加えたものが「4種混合」です。

さらに猫クラミジア感染症を加えた「5種混合」があります。

また3種混合に含まれる猫カリシウイルス感染症には複数のタイプがあり、3種混合の場合は1タイプのみですが、別の2タイプを加えた「7種混合」もあります。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)のワクチンは、混合ではなく単独で接種する必要があります。

費用はワクチンの種類や病院によって違ってきますので、受ける前に必ず確認してから受けるようにしましょう。

ペット用品がお得に買える
ペット用品Amazonクーポン
ペットフード・用品が10%OFF。 定期商品初回50%OFFになるお得なセール開催中です。期間は2020年1月31日まで。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にゃんこみ