【猫 大脱走】猫の脱走防止柵おすすめ7選!玄関・窓・ベランダ別に完璧に!

猫は脱走の達人

目にも留まらぬ速さで外に出ようとする猫ちゃんに、困ったことのある飼い主さんは多いはず。

とくに元野良猫を飼うと、自力でドアや窓を開けて外に出ようとする執念にビックリしてしまいますね。

外に出れば病気をもらったり事故に遭う危険もあるので、猫の安全を考えると脱走防止柵が必要です。

このページでは玄関やベランダなど、猫の脱走スポット別におすすめアイテムをご紹介します。

あなたのおうちに合った脱走防止策を見つけて、猫を危険から守ってあげてくださいね!

猫が脱走したがる理由は?

「うちの猫、家の中に不満があるから脱走するの?」と考える飼い主さんは多いのですが、これは大きな間違いです。

猫は、家に不満がなくても脱走を企てます!

家の中が気に入らないというわけではなく「外に出たら楽しそう」という本能から逃げてみたくなるのですね。

特に元野良猫や、一度でも外に出たことのある猫は、外は危険なものではないと思っています。

ですが実際には危険がいっぱい。一度外に出たきり戻ってこれなくなることだってあるのです。

猫の安全を考えて、脱走防止のための対策はかならず講じておきましょう。

■猫の脱走防止策おすすめ7選

脱走スポット①【玄関・ドア】

賃貸住まいでも使える脱走防止扉をお探しならコレ

ねこ専用脱走防止扉 にゃんがーど

脱走防止扉を置きたいけれど、マンション住まいで床に穴はあけられない。そんな賃貸住まいの方におすすめです。

突っ張り型の扉なので、壁や床を傷つけること無く、猫が玄関から飛び出すのを防げます。

また、ヒノキでできた木の扉なのでオシャレです。手前からも奥からも鍵をかけられるので使いやすく安心です。

玄関からの脱走が心配な方におすすめ

猫脱走防止パーティション キャキャ

「帰宅してドアを開けたときの脱走が心配」そんな方におすすめです。

玄関へつながる廊下に置いておけば、猫が玄関ドアに近づく心配もありません。

向こう側が見えない素材の間仕切りタイプです。スライドと開き、2つの開け方ができて便利ですよ。

掃除のときの脱走が心配な方におすすめ

アイリスオーヤマ スリムキャットケージ 2段

「お部屋や玄関掃除のときに猫が逃げたがって困る」「玄関に大型の脱走防止柵は置けない」そんな方にはキャットケージがおすすめです。

掃除の間だけケージの中に入っていてもらえば、猫が外へ飛び出すこともなく安心です。

脱走スポット②【窓・ベランダ】

ベランダからの脱走が心配な方におすすめ

【猫の脱走防止 のぼれんニャン】

「窓を開けたいけれど、猫が逃げたがる」そんなお悩みを持つ方におすすめです。

190cmの高さがあるツルツルした柵なので、猫が登ることができません。

つっぱり式で女性でも設置がカンタン。これがあれば網戸にして換気したままお出かけもできますね。

価格の安い脱走防止扉をお探しの方におすすめ

【マルカン 猫網戸 脱走防止フェンスLサイズ】

脱走防止扉は3万円程度のものが多いですが、このフェンスなら1万円でおつりまで来ちゃいます。

リーズナブルでも作りはしっかりしているので、猫の網戸のよじのぼりや脱走を安心して防げます。

猫が網戸を開けるのを防ぎたい方におすすめ

【サッシ引戸補助錠ストレート サッシシマリ2個入り】

このストッパーを取り付けておくだけで、猫の力では網戸を開けられなくなります。

フェンスに比べると強度は低いのですが、手軽に取り付けられる脱走防止グッズをお探しなら、ぜひ試してみて下さいね。

猫に網戸を破られてお困りのかたにおすすめ

【ダイオ化成 ペットディフェンスα】

猫のための「破れない猫用網戸」です。網戸を引っ掻いたりよじ登ったりして破かれることを防げます。

ただし猫用網戸とはいえ、横に網戸を開けられると簡単に逃げられてしまいます。

なので上の【サッシ引戸補助錠ストレート】とセットで使うと良いでしょう。

脱走防止のためのポイント

フェンスはなるべく高く

脱走防止の間仕切りやフェンスは高さの高いものを選びましょう。

活発な猫だと簡単に飛び越えられてしまいます。できれば最低でも170cm程度はあったほうが良いですね。

それより低いと子猫でも軽々と突破されてしまいます。フェンスは高ければ高いほど安心です。

隙間をつくらない

せっかく脱走防止の柵や扉を置いても、すこしの隙間があるだけで猫は逃げ出してしまいます。

上下左右、隙間を作らないように気をつけてくださいね。

人のこぶしが通るだけのスペースがあれば、猫は簡単に通り抜けられますよ。

柵はきちんと固定する

脱走防止策が不安定だと、猫は力づくで身体をねじ込んだり柵を倒したりします。

猫には家の中のドアであれば簡単に開けられるだけの力があるんです。

脱走防止策はグラつかないよう、こまめにメンテナンスしておきましょうね。

まとめ

大切な猫が逃げてしまうとショックですし「危ない目に遭っていないかな」と不安でいっぱいになりますね。

ゴミを食べてお腹に寄生虫を宿してきたり、交通事故に遭ったり、猫を外に出すリスクは大きいです。

早めに脱走防止の対策をして、あなたの猫ちゃんを危険から守ってあげてくださいね。