登録猫グッズ数 533件 口コミ数 1052

初心者向け 猫の飼い方 完全版!注意点からしつけ方まで室内飼いの全てを教えます

猫の飼い方

私たちに最高の癒やしと幸せを与えてくれる猫。

あなたも一度は「いつかは猫を飼ってみたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。
しかし、いざ飼おうと思っても「何から始めたらいいのかな?」と戸惑うことも多いはず。
このページでは猫を飼うときの流れから必要なもの、気を付けたいポイントについて、初心者向けに分かりやすくご説明します。
読み終わる頃には猫を飼うための知識がひと通り身に付いているはずです。

猫を飼うまでの流れ

家族の一員として猫を迎えるには、以下の3つのステップをクリアしていきましょう。
長く付き合うことになるパートナーですから、自分の好みや生活スタイルに合った猫を迎えられると良いですね。

 

1歳未満の子猫を飼うのに必要な用品はこちらをご覧ください。

子猫を飼うのに必要なもの準備リスト
猫を初めて飼う人にとって何が必要かよく分かりませんよね。そこで初心者でも簡単に取扱いできる必要な猫用品をご紹介していきます。 子猫用トイレ おすすめ子猫トイレと猫砂の組み合わせ 子猫を飼う場合は子猫用トイレと猫砂を買いましょう。成猫用...

 

 

3つのステップ
知りたい項目をクリックしてください。1.猫をどこから迎えるか決める
2.種類、性別、性格を考えて猫を決める
3.必要なものを用意する

1.猫をどこから迎えるか決める

猫を迎え入れる

猫を飼いたいと思ったら、まずはどこから迎えるかを決めましょう。

動物愛護センター・保護団体・動物病院

種類にこだわらずとにかく飼いたい!という人なら、飼い主や里親から譲り受ける方法がおすすめです。
「拾った子猫の里親を探したい」「子猫がたくさん生まれた」という理由で地域の動物愛護センターや保護団体、動物病院などから里親募集の告知が出ていることがあります。
ホームページで里親待ちの猫を画像つきで紹介しているところもあるので、ぜひ検索してみてくださいね。
また団体によっては定期的に譲渡会をひらいていることも。
譲渡会では里親を待っている猫たちを見て、実際にふれあうことができますよ。
猫の平均寿命はおよそ10〜15年。長く付き合うパートナーですから、性格選びは慎重に。
活発な子、落ちついた子、猫の性格は本当にそれぞれなので飼う前に何度かふれあうことが大切です。

気になる猫がいたら電話やメール、または直接問い合わせしてみましょう。猫との対面後、譲渡の流れが一般的です。
猫が家に馴染むかどうか不安な場合は、約1〜2週間のお試し期間を設けているところもありますよ。
譲り受ける猫が捨て猫だった場合は、もともと病気を持っていたり、人に怯えてあまりなつかない可能性も。
初心者が病気の猫を育てるのは難しいので、子猫をもらう場合どんな環境で育ってきた猫かを知ることも大切です。

ペットショップ・ブリーダー

「猫を飼うならアメリカンショートヘアがいい!」などと、飼いたい猫の種類が決まっている場合はペットショップやブリーダーから購入する方法があります。
ペットショップではお店で色々な猫を見ながら選び、好みの猫がいたら飼い方の説明を受けてから購入します。
ただしお店によってはケージ内の掃除が行き届いておらず、猫が体調を崩していることもあるので要注意。
購入した後も飼い方のアドバイスをくれるような信頼できるお店を探すのがポイントです。

ブリーダーとは、純血種の繁殖をおこなっている個人や団体です。
猫の専門誌を利用したりブリーダー協会に紹介してもらい、まずは問い合わせしてみましょう。
気になる猫がいたら実際に見に行き、親猫や飼育環境をチェックしてから購入します。
中には飼育環境の悪いブリーダーもいますので、注意してくださいね。

2.種類、性別、性格を考えて猫を決める

種類、性別、性格を考えて猫を決める

猫をどこから迎えるか決まったら、次はお待ちかねの猫選びです!
猫を選ぶときに押さえておきたいポイントは「種類」「性別」「性格」の3つ。
あなたの生活スタイルに合った猫を選べると良いですね。

・種類

まずは猫の「種類」です。猫には純血種雑種猫がいます。
純血種は個性的なカラーや短めの足など、その種類独特の外見が愛らしくて人気です。
「アメリカンショートヘアは温厚」「アビシニアンはやんちゃで甘えん坊」など猫種によって性格の目安もあります。
人間で言えば「日本人は真面目」「イタリア人は陽気」といった感じですね。

初心者の方にはお世話が簡単な短毛種毛が短めの猫がおすすめです。
毛の長い猫は優雅で可愛らしいのですが、毛をよく飲み込んだり、ブラッシングのお手入れが必要なので初心者には向かないのです。

一方、日本でいちばん多く飼われている雑種猫(ミックス猫)毛色も気質もさまざまです。
色々な品種が混じり合って生まれた猫なので、性格は飼ってみないと分からない子がほとんどです。
純血種に比べて身体が丈夫なので、初めて猫を飼いたい人におすすめです。

・性別

一般的にオス猫は甘えん坊でやんちゃメス猫は気まぐれで大人しいと言われています。
人が家の中を歩けば追ってきて「かまって!」とじゃれたり、ストレートに愛情表現するのがオス。
甘えてきたと思ったら「さわらないで!」といきなり走って逃げるなど、気まぐれに愛情表現するのがメス猫の特徴です。
たくさんスキンシップしたい人にはオス猫、女王様のような気まぐれさを楽しみたい人にはメス猫がおすすめです。

・性格

猫選びのときに必ずチェックしたいのが性格です。
猫種によって性格が違うなどと言われていますが、それはあくまでも目安です。
活発だけれど繊細だったり、大人しくてマイペースだったり、猫の性格は本当にさまざまなのです。
性格を少しでも知るために、猫を飼う前に抱っこをしたり撫でたりして、猫の反応を見てみてください
人懐っこい気質があれば、あなたにゴロゴロ擦り寄ったり、鼻であなたの匂いを確かめたりしてくれるでしょう。
抱っこが苦手そうだったり、すこし怯えた様子を見せたなら大人しくてマイペースな性格の可能性があります。
甘えられたい人がクールな猫を育てると少し物足りなさを感じたり、あまり家に居られない人が甘えん坊の猫を飼うと、猫が寂しさを感じてしまうかもしれません。
あなたの生活スタイルを考えて猫を探してみてくださいね。

 

次ページは < 3.猫の飼育に必要なものを用意する >