登録猫グッズ数 536件 口コミ数 1113

冬用猫ベッド おすすめ10選と冬のお部屋を暖かくする工夫

猫の飼育費用はどのくらい?毎月や毎年のコストは?

選ばれている自動給餌器はこれ!
カリカリマシーンSP
仕事中に愛猫が何をしているかな?って気になりませんか。 カリカリマシーンSPは、あなたが留守のときに自動で餌を与えられる機能に加えて、高性能カメラで愛猫の様子がリアルタイムに見たり実際にあなたの声を聞かせることができます。 決まった時間に同じ量を与えることができるのでダイエットにもおすすめです。
カリカリマシーンSPの詳細はこちら

「かわいい猫を家に迎えたい」

その気持ち、分かります!

猫を飼いたいあなたへ、初期費用や毎月の飼育費について分かりやすくご説明します。

 

猫を飼うための初期コストは?

ほとんどの場合、猫との出会いは突然ですよね。

車のボンネットの中から子猫が出てきたり、雨の日に茂みの中で弱った猫を見つけたり。

突然猫を飼うことになると焦ってしまうと思いますが、飼い始めの時点ではこの3つが必要だと覚えておいてください。

健康診断  約5000円
ワクチン  約5000円
生活必需品 約5000円〜

  • フード
  • 猫トイレ
  • 猫砂
  • エサ用食器
  • 水飲みボウル
  • 通院用キャリーバッグ

 

合計 約15000円〜

猫を飼ったら、まずは健康診断を受けに行きましょう。

病気に気づかず放っておくと、悪化して大変なことになってしまいますからね。

健康診断の料金は動物病院によって変わります。

筆者がペットショップから迎えた猫は、初回のワクチンを済ませて手厚くケアされていたため、健康診断は無料でした。

野良猫を拾ったときには、お腹に寄生虫がいる可能性が高いということで検査費と駆除のお薬代が4000円かかりました。

野良猫のほとんどは寄生虫や猫風邪にかかっているため必ず病院に連れていきましょう。

ワクチンの料金も病院によって様々です。

ウイルスから猫を守るために、毎年1回の予防接種が必要です。

フードやトイレなどの生活用品も猫を家にお迎えするまでに準備しておきましょう。

猫を飼うために必要なものについて、詳しくはこちらの記事に載っています。

▶︎ 初心者向け 猫の飼い方 完全版

▶︎ 子猫を飼うのに必要なもの準備リスト

 

 

猫の飼育費用は毎月どれくらい?

・フード  約3000円
・猫砂   約1000円
・猫の保険(任意)合計 毎月約4000円〜

毎月必要なものはキャットフードと猫砂、基本はこの2つです。

キャットフードは安価なものからプレミアムフードまで様々ですが、安すぎるものはやはり色々と添加物が入っています。

安全性の低いものを食べさせていると腎不全のリスクが高くなったり毛艶が目に見えて悪くなったり、猫本人も味が分かるのか…吐いたりします。

人間も、ファストフードを毎日食べていたら不健康になりますよね。

生涯元気に過ごしてもらうために、できるだけ品質の高いフードを食べさせてあげましょう。

▶︎ 安全なプレミアムキャットフードおすすめ13選

 

猫砂もこまめに取り替えてあげましょう。

猫はデリケートな生き物です。砂が汚れていたり足りなかったりするだけで「こんなトイレは使えないニャ!」と怒ります。

トイレの外で粗相したりオシッコを我慢される前にお手入れすることが大事です。猫砂は余分にストックしておくと良いですよ。

▶︎ 人気のおすすめ猫砂10選。安くて消臭力抜群な猫砂は?

 

また、毎月費用はかかりますが、猫の保険には加入することをオススメします。

保険に入っていると病院での治療費をかなり抑えられます。

例えば

・猫風邪で注射+点滴+お薬を出された場合

【保険なし】約12000円
【保険あり】4000

・腎不全で血液検査+点滴を受けた場合

【保険なし】約8000円
【保険あり】2400

このように治療費を抑えられます。

筆者は腎不全の猫の治療で20万円かかったことがあります…。慢性的な病気にかかると通院回数が増えるため、治療費は高額になるのです。

保険によって治療費の負担割合は変わってきますが、入っておくといざという時に安心して病院に通えますよ。

 

猫の飼育費用は毎年どれくらい?

1年間の費用はどれくらいになるのかも見てみましょう。

アニコム損保では、飼い主が猫にかけた費用を次のように発表しています。

【2015年調査】

病院費    36000円
フード    36000円
ペット保険  30000円
ワクチン   10000円
日用品    17000円
防災用品    7000円
シャンプー代  8000円

合計   144000円/年

病気にならない猫もいるのであくまで目安になりますが、猫を育てるのに年間で15万円程度かかっている人が多いのですね。

 

猫を飼うときの突発的な費用は?

●避妊/去勢手術

・避妊手術 約20000円

・去勢手術 約13000円

発情によるストレスやマーキングを減らしたり、育てられない子猫を増やさないためには避妊と去勢が必要です。
よく考えて手術を受けさせてあげてくださいね。

●医療費

・一度の診察で約5000〜10000円

フードを吐き続けていたり皮膚に湿疹が出ていたり。
様子がおかしいなと思ったときには動物病院で治療を受けましょう。

 

●療法食

・2kgで約4000円〜

腎不全などの病気になると、普通のフードではなく療法食が必要になります。
療法食は高いので、普段から病気にならないようケアしてあげることが大切です。

 

猫の飼育費用を抑えるためのアドバイス

猫を飼うのって意外とお金がかかりそう…。と感じた方、諦めるのはまだ早いです!

工夫次第で十分コストを抑えることも出来ますよ。

【飼育費を節約する方法】

・シャンプーは自宅でやるとお店の半額以下!

・爪切りも病院ではなく自力でやれば0円!

・食器は100均で揃えてもOK!

・フードと猫砂は店舗販売より通販のほうが安い!

・キャットタワーも通販のほうがかなり安い!

・一番高くつく病院代はペット保険で負担を抑える!

ぜひ試してみてくださいね。

とくに毎月必要なフードと猫砂代をいかに抑えるかが、節約の大きなポイントになってきます。

おすすめなのは、店舗と通販の価格を一度見比べてみることです。

ペット用品はお店で買うよりも通販のほうが断然安いものが多いです。

さらにまとめ買いするとお得になるケースばかりなのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

おわりに

猫を飼うことは、その子の一生を預かることです。飼う前に本当に育てられるかどうかよく考えてくださいね。

飼育費はかかりますが、猫との毎日はそのコストをはるかに超える驚きや癒やしで溢れています。

飼うと決めたら愛情をもって育ててあげてくださいね!

選ばれている自動給餌器はこれ!
カリカリマシーンSP
仕事中に愛猫が何をしているかな?って気になりませんか。 カリカリマシーンSPは、あなたが留守のときに自動で餌を与えられる機能に加えて、高性能カメラで愛猫の様子がリアルタイムに見たり実際にあなたの声を聞かせることができます。 決まった時間に同じ量を与えることができるのでダイエットにもおすすめです。
カリカリマシーンSPの詳細はこちら
おすすめキャットフード
ねこはぐ
ねこはぐ

・100%九州産の若鶏と鰹節を使用
・グルテンフリー
・すべて人間が食べられる素材
・野菜や雑穀米もすべて国産食材

ロイヤルカナン
ロイヤルカナンの口コミ

フランス発のプレミアムキャットフード。主原料はすべて天然由来のものを使用しています。
室内飼いの猫ちゃんは、ロイヤルカナンインドアがおすすめ。
食事療法食もよく利用されています。
ちょっとお値段が高いのが難点。

ロイヤルカナンの口コミは詳細ページをご覧ください。

アカナ
アカナの口コミ

可愛い愛猫に、最高品質のキャットフードを与えてあげたい、そんな思いを叶えてくれるプレミアムキャットフードです。
好き嫌いやアレルギーがある猫ちゃんにもおすすめです。

アカナの口コミは詳細ページをご覧ください。

シーバ
シーバの口コミ

シーバの袋の音を聞くと飛んでやってくる!という猫ちゃんが多いくらい人気があります。
食いつきがいいのが特徴。
おやつにあげてたり、メインフードに混ぜてあげるのもおすすめです。

シーバの口コミは詳細ページをご覧ください。

お試しキャンペーン中のキャットフード
ネスレ
ネスレキャットフード

低脂肪で高たんぱく
太りやすいインドアキャットにおすすめ
おとくな定期便で20%OFFに
コスパに優れた良品
13種類の中から自由に選べます

ファインペッツ
ファインペッツ

人工添加物や粗悪な原料を使っていないため、品質はかなり高いです。
粒も小さく噛み砕きやすいため、口の小さな猫でも安全です。

【キャンペーン内容】
1.5kg通常商品 3,429円(税抜)→ 1,000円(税抜)
※初回購入時のみ 1家庭 1回まで

Amazonチャージするだけでお得ニャン
にゃんこみ