登録猫グッズ数 538件 口コミ数 1123

猫砂はAmazonが安い♪

ドクターズダイエット

口コミ件数 (0件)


1kgあたりの市場価格
1700円
Amazonを見る 楽天を見る
 
スポンサーリンク

エランコジャパンの歴史とこだわり

ドクターズダイエットを販売しているエランコジャパンは、
家畜やペット向けの医薬品やワクチンなどを手掛ける米国系の企業です。

他にも、動物を飢餓から救うプロジェクトやコンパニオンアニマルに関する団体支援などを行っており、社会貢献活動にも熱心です。
※人と長い歴史を共に暮らしてきた身近な動物の事を、伴侶や家族、友達と同様に位置づけてコンパニオンアニマルと呼んでいます。

「ペット」は、愛玩動物、もしくは愛玩を目的として飼育される動物を指す言葉とすると、「コンパニオンアニマル」は伴侶動物、もしくは生活を共にする伴侶として、より密接な関係を人間と持つ動物を指す言葉です。

人の生活の変化に伴って、その存在意義や価値、役割が変わり、近年の社会環境の中で見直され、家族の1人、社会の一員として位置づけられるようになっています。

エランコジャパンは、人とコンパニオンアニマルの”絆”を深める仲介役としての役割を高めることを目的とし、活動しています。

エランコジャパンの事業内容は、主に動物医薬品、飼料添加物の開発及び輸入・製造・販売で、 具体的には、小動物の内外部寄生虫薬、心疾患、腎疾患、皮膚疾患、骨関節疾患用薬、犬猫用フード、サプリメント、畜産動物用の飼料添加物、防疫用殺虫薬、殺鼠剤、豚用抗生物質、ワクチンなどの製造です。

1954年に設立されたエランコは、1965年から日本でも営業活動を始めました。

「食」と「動物たちとのふれあい」を通して豊かな暮らしを

という企業ビジョンにもある通り、消費者が安心して楽しめる「食」づくりと、より豊かな生活への貢献を目指している会社です。

 

一番売れているキャットフード

ドクターズダイエットの中で最も売れている商品は、
ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(phエイド) 1.5kg(成猫用)
です。
1~6歳の成猫用で、成猫の健康維持に役立つ栄養バランスの取れたキャットフードです。

ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(phエイド)の特徴

  • フード中に含まれるミネラルバランスを調整し、尿pHが6.2~6.4になるよう設計
  • グロビゲンPG配合がコーティングされた粒を噛むことで歯の健康を維持
  • 皮膚コンディション維持のためγ-リノレン酸、EPA、DHA、亜鉛アミノ酸複合体を配合
  • 腸内細菌のバランス維持のため栄養学的にフラクトオリゴ糖を配合

 

 

ドクターズダイエットのおすすめポイント

ドクターズダイエットは、エランコジャパンが日本国内で開発・製造しているペットフードです。
「ドクターズ」シリーズには、「ドクターズケア」「ドクターズダイエット」の2種類があります。
「ドクターズケア」はいわゆる「療法食」で、特定の病気にかかってしまった犬猫の病気の治療・回復・維持を
サポートする目的で作られたもので、栄養バランスが考慮され、専門家などのアドバイスや指示にしたがって
与えることをふまえて開発されており、腎臓病や結石などの病気によってそれぞれラインナップが分かれています。
「ドクターズダイエット」は「準療法食」と言って通常市販されている一般食と療法食の中間にあたるフードです。
療法食と違うのは、病気にかかっていないワンちゃんやネコちゃんが食べても問題はないという事です。
病気ではないけど予防したい時、一般の総合栄養食のランクが高いものと考えていただければよいかと思います。
動物病院から勧められる、健康維持を目的に開発されたスーパープレミアムフードです。
猫が太らないようにする目的の体重管理用や、低たんぱく・低脂質のシニア猫向けのものなど、
用途に合わせた商品ラインナップがあります。
「ドクターズ」シリーズはどちらも国内製造にこだわっているいうことでは安心して購入できますね。

購入にあたっては動物病院とされていますが、最近では楽天などの通販でも購入できるようです。
ドクターズダイエットのキャットフードは動物病院専用フード(とはいえ最近では動物病院以外でも購入方法はあります)
そして安心して猫に与えてあげることができる国産です。
キャットフードに配合されがちな猫の体には良くない合成酸化防止剤や着色料は不使用の安心品質です。

「ダイエット」と名前はついているものの、与えて良い猫は幅広く、幼猫用、成猫用、シニア猫用、肥満猫用とシリーズラインナップが豊富です。
太った後に痩せさせようと与える場合は量等の調整は必要となり、どちらかというと肥満猫用のもの以外については毎日の食事で室内飼いの猫を太らせないように管理するためのキャットフードといえます。

 

こんな猫におすすめ

  • 離乳期~12ヶ月齢の栄養をつけたい子猫に
  • 1~6歳の成猫の健康維持に
  • 7~10歳の高齢猫の健康維持に
  • 11歳以上の老齢猫の健康維持に
  • 体重が気になる猫に
  • 避妊・去勢してエネルギー代謝が落ちている時に

 

ドクターズダイエットの安全面は?主成分や気になる成分、独自製法など

成猫用の「ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(PHエイド)」の原材料についてご紹介します。

「ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(PHエイド)」原材料

トウモロコシ、コーングルテン、ミートミール、フィッシュミール(EPA・DHA源)、おから、動物性油脂、セルロース、チキンレバーパウダー、卵黄粉末、全卵粉末、フィッシュエキス、フラクトオリゴ糖、γ‐リノレン酸、セレン酵母、マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)、小麦粉、ビール酵母、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンC、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

猫ちゃんが太らないように食事で管理する目的のフードになります。

注目なのは「おから」と「フラクトオリゴ糖」が配合されていること。
これらは人間の健康食品としても高い評価を得ていますが、ドクターズダイエットのキャットフードにも配合されているので、
猫の腸内環境の改善にも期待できます。

安全面についてですが、合成酸化防止剤や着色料などの添加物不使用なので、安全性は高いといえます。
そもそも動物病院で取り扱われているキャットフードなので、安全性には問題ないと言えます。

ただし、「ドクターズダイエット 猫用 メインテナンス(PHエイド)」には
アレルギーの原因となる小麦やトウモロコシなどの穀物が多いので、アレルギーを起こしやすい猫ちゃんに与える場合は獣医さんに相談することをおすすめします。

 

ドクターズダイエット の口コミ